2016年09月19日

ニューヨークで爆発、負傷者多数。ユーロ/ドルやいかに?


ニューヨークで負傷者多数の不審物の爆発事件が、9月17日に発生しました。

今のところテロとの関連性は報道されていませんが、アメリカのニューヨークで発生した事件だけに、週明けの金融市場への影響が懸念されます。

ねこツムリはユーロ/ドルでショートポジションをホールド中ですので、ユーロ/ドルの動向が気がかり。

参考までに2001年の9月11日、いわゆる9.11事件以降のドルの値動きを見直したところ、一時的にドル安に傾いたものの、その後は数ヶ月にわたってドル高が続いていました。

ということは、この度のニューヨークの爆発事件後のユーロ/ドル相場は、それほど荒れた展開にはならないのかもしれませんね。

事件の規模も9.11とは比較にならないくらい小さな規模でしたし・・・。

でも、為替相場の素人判断・素人予想ほど、アテにならないものはありませんよね。

不幸にして?ポジションホルダーとなっている身にとっては、週明け、19日のシドニー市場取引開始直後から、要注意ですな。


  お粗末さまでした。合掌


にほんブログ村 FX スキャルピング派
FC2 ブログランキング

posted by ねこツムリ at 01:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック