2016年06月13日

為替も気になるけれど、株も気になります。金融相場は、気をもむことが多いです


FXではユーロ/ドルのロングポジションをホールド中で、イギリスのEU離脱問題の行方が大変気になるところですが、持ち株のあるねこツムリは、株式相場の行方も気になります。

株の取引対象は、日本の現物株。

いくつか保有中なのですが、昨年(2015年)相場全体の上昇傾向が崩れた後、なかなか上向いてくれません。

業績が悪くなっている企業ではないのですが、日本の株式相場全体の地合が悪い、その影響からでしょう、持ち株の動きも悪いです。

日本の株式相場を俯瞰すると、2016年2月以降はレンジ相場。

しかも、レンジの幅がドンドン狭くなっていますね。

ということは、いずれ上下どちらの方向に放たれるということまでは予測の範疇。

もちろん希望は上方向だけど、そうは問屋が卸さないかなぁ。

円高もあるし、日本経済の牽引役も見当たらないし、日本国内の個人消費も低調だしねぇ。

相場が上向く要因が見当たらないのよね。

とまあ、素人がああだこうだと云ったところでどうなるわけでもなし。

持ち株企業が倒産でもしなければ、いずれそのうち日の目を見ることもあるでしょう。

そ、この点で株は気が楽なんですよね、FXと違って。

さて、ユーロ/ドルのロングポジション、まずは今週のFOMC結果公表で、どんな動きをしてくれるでしょうか。

いや待てよ、その前に、遙か彼方に下落したらFOMCどころじゃないか。

あ〜あ、FXはほんと気が気でないですな。


  お粗末さまでした。合掌


にほんブログ村 FX スキャルピング派
FC2 ブログランキング

posted by ねこツムリ at 00:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック