2015年12月11日

12月10日(木)成績。時には日足を


取引通貨: EUR/USD
成績: 14戦13勝1敗。
損益: 459円。(スワップ損益: 0円)
pip損益: 7.9 pips。
取引Lot数: 32 Lot(1Lot=1000通貨)。

今週に入ってから一貫して急上昇を続けていたユーロ/ドル。

いつまで続くのかと思っていたら、12月10日の未明に久々の1.10ドル台に乗せ、1.10425ドルの高値をつけて以降は、今度は、急降下。

全く相場ってやつは、正体不明ですね。

だから、スウィングトレードやデイトレードは難しいんですよね。
少なくともねこツムリにとっては。

それで、スキャルピングなのですが、トレード手法がスキャルピングだからといって、長い時間軸でのチャートが不要かというとそうではないんですよね。

例えば、12月3日から4日にかけてのECBの政策金利発表他による、急上昇。

日足で見ると、ユーロは前日まで売られ続けていて、売られすぎの状態にあったこと、一部のテクニカルチャートではダイバージェンスが発生していたことがわかります。

つまり、ユーロ/ドルは、反発上昇するエネルギーが十分貯まっていた状態だったわけで、多分に相場は、反発上昇するきっかけを待っていたのだと思います。

さいわい、ねこツムリは12月3日のユーロ/ドルの急変、急上昇に巻き込まれることはありませんでしたが、その時以前に日足を確認していれば、偶然にではなく、チャートが教えてくれていた必然として、急変を回避することができたのではないかと思います。

相場の流れは、基本的には、大きな時間軸で示された方向に従うといいますが、滅多に日足を見ることのないねこツムリですが、久しぶりに日足を見てみて、そのことを実感させられました。

ちなみに、ユーロ/ドルの日足は、現在も大きくは下降トレンドのままです。

そして、12月に入ってからは、その大きな下降トレンドのなかで一時的な戻しの動きをしているように見えます。

ユーロ/ドルの売り圧力はまだ残っていると見ておく方が良いのかもしれませんね。

ねこツムリも、今後は、節目節目で、いつもよりも長い時間軸でのチャートの動きを確認していこうかと思います。

  お粗末さまでした。合掌


にほんブログ村 FX スキャルピング派
FC2 ブログランキング

posted by ねこツムリ at 01:12 | TrackBack(0) | 日々の実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック