2015年10月16日

10月15日(木)成績。今日も一日安全運転。にしては上出来かな


取引通貨: EUR/USD
成績: 30戦26勝4敗。
損益: 842円。
pip損益: 45.4 pip。
取引Lot数: 34 Lot(1Lot=1000通貨)。

10月15日の成績は、pip損益、決済損益ともに、ねこツムリにしては大きくプラス。参戦回数と勝率も含めて、まずまず良い出来ではないでしょうか。

さて、本日を振り返ってみますと、朝起きて、相場を見れば、あ〜らら。

ユーロ/ドルは1.1500ドル台間近の1.1480ドル台をつけているではありませんか。

あちゃ〜。

どうやらベージュブック、ドル買いの燃料にはならない内容だったようですね。

きびしいなぁ、ユーロ/ドルのショートポジション。

決済損益もさることながら、スワップ損益で毎日マイナスが積み上がっているのが痛い。

日々の僅かばかりの決済損益が、積み上がるショートポジションのスワップ損で消えている現実。
かなしいなぁ。

時は移り、午後3時過ぎ、ついに、1.1490ドル台突入。

1.1500ドル台に乗せると、2015年8月の中国人民元ショック時の1.1700ドル台までめぼしい抵抗線は見当たらず・・・。

あ〜このまま一方的にユーロが買われるのかなぁ。

ちなみに、fxwaveによれば、「ユーロ/ドルの注目オーダー・オプションとしては、1.1500ドルに厚めの売りと、超えるとストップロスの買いが控えている」模様とのことで、こうした情報からも、1.1500ドル台に乗せると、加速度的にユーロが買われ上昇する可能性が高そうですね。

※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすいといわれています。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もあるといわれています。(fxwave)

さて、夜間になりまして、10月15日のアメリカの各種経済指標ですが、結果は、強弱まちまちで、一時、1.1360ドル台まで下げてきてくれたものの、当方の取引時間内では、ここが精一杯、反転上昇して、1.1400ドル台へと逆戻りといった流れでした。

ど〜も、アメリカの景気回復は、ひと休みのようで、こりゃぁ、年内利上げは見送りの公算大ですなぁ。

ショートポジション危うし!!

なになに、早く手仕舞えって。
そうですね、それが一番正しいトレードの在り方なのでしょうねぇ・・・。

  お粗末さまでした。合掌


にほんブログ村 FX スキャルピング派
FC2 ブログランキング

posted by ねこツムリ at 00:14 | TrackBack(0) | 日々の実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック